都会的で大人で落ちいて見られたいなら、グレーの力を借りよう

「グレー」には、どんなイメージを持ちますか?

・雲

・冬空

・コンクリート

・ビル

・煙

・灰

・石

などが思い付きますね。

一般的に言われている「グレー」のイメージは、

●穏やか  ●地味  ●思い出  ●調和  ●大人  ●上品  ●疑惑  ●落ち着き  ●曖昧  ●クール  ●過去

 

などがキーワードとして挙げられます。

グレーは、白と黒の中間色で、無彩色に分類されます。どの色にも馴染むため、柔軟性の高い色です。

上品で落ち着いたイメージがあるため、教育系や士業系などの企業のロゴに採用されやすい傾向があります。


グレーの心理効果


ここでは、グレーの心理効果について説明します。

 

①上品でおしゃれな印象を与える

②穏やかで控えめな印象を与える

③落ち着いた雰囲気を与える

④柔軟性を感じる

⑤忍耐強くなる


グレーが好きな人の性格


メインカラーを引き立てたり、補色の色の間のクッションとしても使い勝手がいいグレー。本質的に他の色を目立たせる効果があります。

クールやスタイリッシュといったエレガントな印象を与える色として認知されています。

曖昧な色なので様々な色名が付けられ差異化がはかられています。例えば、グレーゾーン、灰色決着など正でも負でもないどっちつかずな曖昧な状態を表すのに使われます。

そんな「グレー」が好きな人の性格はどのようなものなのでしょうか?

プラス面とマイナス面、双方から紹介していきます。

プラス面

✔️中立を保つ

✔️控えめ

✔️大人しい

✔️名脇役

✔️物腰が柔らかい

✔️スマート

✔️温厚

マイナス面

✔️自信がない

✔️人に嫌われたくない

✔️優柔不断

✔️社交性に欠ける

✔️感情を出さない

✔️はっきりさせない

✔️用心深い


グレーをファッションに取り入れるとき


苛立ちや疲れといったストレスを和らげいたわる効果があります。灰色はバランス感覚を高めてくれます。周りの状況を考えたり、相手に調子を合わせて行動できるようになりますので、調整役を引き受ける時などにおすすめの色です。

周囲に埋もれて個性を弱めてしまうので目立ちたくないときにも効果的ですが、その分自己主張したい時や、発信力を高めたい時には向いてない色とも言えます。

MAKE  STYKE Yukikoでは、あなたにお似合いになるパーソナルカラーを診断いたします。似合う色を上手に身につけて、色の心理効果を上手に実生活に取り入れていきましょう。

お申し込み LINE友達追加

 

紫の色彩心理はコチラ

オレンジの色彩心理についてはコチラ

緑の色彩心理についてはコチラ

黄色の色彩心理についてはコチラ

茶色の色彩心理についてはコチラ

青の色彩心理についてはコチラ

赤の色彩心理についてはコチラ

関連記事

  1. 親しみやすさはピカイチ!オレンジの色彩心理

  2. 冷静さが足りてない?青の力でデキる人を目指す!

  3. 一目置かれたいなら黄色を取り入れてみて!黄色の色彩心理

  4. 最近ピリピリしてない?ピンクの力で柔らかさと優しさを表現して…

  5. ミステリアスな魅力を持ちたいなら、紫がおすすめ。紫の色彩心理…

  6. モテたいなら赤の力を借りるべき!赤の色彩心理