手持ちの洋服が似合わなくなると感じている30代は多い。失敗しない洋服選びの3つのコツ

20代の頃にはよく似合っていたカジュアルや可愛らしい洋服。好きな系統やテイストだったし、それなりに高いお金を払って洋服に投資してきた。

しかし30代になると、鏡に映る自分の姿に、「あれ?なんだか何を着ても似合わなくなる。」と感じるように。大事なイベントが控えてるので、急いで洋服を買い足しても、また似合わない洋服を買ってしまう。

昔は何を着ても似合ってて、褒められることが多かったからこそ、この現実を目の当たりにして女性としての自信をなくしてしまう。私に似合う服ってあるのかな。もう女としての魅力がなくなってきてしまったのだろうか。

あなたもこのように、30代になり洋服が似合わなくなると感じた経験はありませんか?似合わない服に囲まれてしまうと、ファッションを楽しむ事ができなくなってしまいますよね。そして何を着たら良いのか悩む時間ばかり取られて、朝の貴重な時間を慌ただしく過ごすことにもなってしまいます。


30代になり持ってる洋服が似合わなくなると感じる3つの理由


1.体型の変化

20代のときには引き締まっていた体型は、30代になり基礎代謝が低下し、筋肉がたるんだり脂肪がついたりするなどして、変化することがあります。また出産すると骨盤が開いて元に戻らす下半身に脂肪が多くついてしまたり、デコルテやバストの形が崩れてしまいます。体型の変化は、30代女性が洋服が似合わなくなる理由の一つです。こうして体型が変化しているのに、ウエストが絞ってある服を着るとおなかがぽっこり出て見えたり、ヒップラインがはっきり出るパンツをはくと、お尻がたるんで見えたりすることも。また、授乳でげっそりした胸元なのに、首まわりが大きく開いているような服を着ると、さらに寂しげなデコルテを強調することにもなります。

2.肌の変化

20代はホルモンの分泌が活発なので、肌のキメに弾力があり、細かく整って透明感があります。しかし30代になると、肌のキメが荒くなり艶が出にくくなったり、肌の張りが変わり透明感が落ちてしまいます。年齢とともに変化した肌質に、20代の頃のままの洋服を合わせると、顔色をくすませて疲れた印象を与えてしまい、洋服が似合わなくなる、といったことが起こります。また、実際の年齢より老け込んだ雰囲気を作ってしまいます。

外部リンク:30代老け肌の実態

3.ライフスタイルの変化

子育ては、洋服を変化させる大きなターニングポイントの一つです。20代のときは独身だったけれど、30代で結婚して子どもができた。このような場合はライフスタイルが大きく変化するでしょう。子どもを遊ばせるために外出しているのに、動きにくそうなピチピチの服を着ていると、TPOにあった洋服ではないため、似合わなくなるように見えてしまいます。

また、30代になると職場での責任が増してくる人もいます。その場合、仕事に着ていく服にも落ち着きや信頼感が求められるようになるでしょう。それにもかかわらず、20代のころと同じような「可愛い」を意識したコーデを続けていると、信頼感に欠けてしまい、洋服が似合わなくなる、と感じるようになります。


手持ちの洋服が似合わなくなると感じる

30代女性たちへ。

失敗しない洋服選びの3つのコツ。


20代との外見の差や、ライフスタイルの変化など、洋服が似合わなくなる理由や背景がわかったところで、どのようにして洋服に悩まなくなるのか、その解決策をお伝えしていきます。

1 .好きなモノや譲れないファッションを明確にする

着たいものと似合うものが一致しなくなったからといって、全てをやめたり変えたりする必要はありません。似合うからと言って、好きでもないファッションに身を包むのは、洋服を楽しむことができなくなってしまいます。

何色が好きなのか、どのデザインが好きなのか、自分がどうしても譲りたくない部分を見つけてみましょう。

2.素材感を大切にする

20代の頃にはそこまで気にしていなかった素材。お肌もツヤツヤで、どのような質感のお洋服でも着こなせていましたよね。しかし30代になって大事なのは素材選びです。若い時と同じように着てしまうと、どうしても素材に自分が負けてしまいます。そして、素材をきちんと選ぶことは、見る目が養われているようにも感じられます。似たようなシルエットのものを選ぶなら、質感がよく見える方を選ぶと、好きなシルエットは譲らずに洋服のアップデートができます。

外部リンク:服や小物を選ぶときに最優先するのは「素材」

3.体型に合った服選びをする

身体のラインを拾いすぎるファッションは、落ち着きを感じさせたい30代女性には厳しいものです。程よく抜け感のあるファッションの方が、大人の余裕が見えて魅力的です。

さらに重要なのは、自分の体型や骨格に合っているかどうかです。細身なのかぽっちゃりなのか、がっちりしているのか華奢なのか、といった違いによって、似合う洋服は違ってきます。骨格の作りや、筋肉や脂肪のつき方により自分の身体のタイプがわかる「骨格診断」なども話題となっております。より垢抜けて着こなしたい方は、プロの診断を受けてみるのも一つの選択肢と言えます。

骨格診断について


20代はファッションで様々な冒険ができましたが、30代になると、外見の変化やライフスタイルの変化で、手持ちの洋服が似合わなくなる、といったことは多くの人が感じていることです。

30代女性は、自分のスタイルを確立して、余裕のあるこなれ感を演出していきたいところ。おしゃれに見えるファッションのテクニックや、スタイルアップのテクニックなども駆使して、若い頃にはできない大人のおしゃれを目指しましょう。


MAKE  STYKE yukiko は、あなたの「個性」と「客観的な魅力」を融合して、今後に活かせるアドバイスを提供いたします。


ファッションは、人の心を豊かにします。似合うものを身につけていると、気持ちが明るくなったり、自身を持てることができるようになります。

多くの人々がより輝きのある生き方を送れるようお手伝いさせてただきます。

一番人気のお得なコースはコチラ

お申し込み LINE友達追加

関連記事

  1. カジュアルが苦手なママ必見!子育て中でもできる「きれいめカジ…

  2. [お客様vol.1]オータム×ウェーブ×エレガント

  3. [お客様Vol.2]サマー×ストレート×キュート

  4. [お客様vol.3]スプリング×ストレート×アクティブキュー…

  5. 婚活向けの洋服に迷わない!婚活女性が身につけるべき洋服選びの…

  6. [タイプ別コーデvol.3]オータム×ウエーブ×クールカジュ…